お子様の予防接種時期

お子様のワクチンデビューは生後2ヵ月の誕生日からです。ヒブ、小児肺炎球菌、三種混合、BCG、ロタウイルスなどの同時接種も出来ます。何から接種したらよいか、どういうワクチンなのかなど分からないことはお気軽にご相談下さい。

  • 日本小児学会推奨予防接種スケジュール

    日本小児学会推奨予防接種スケジュール

  • 接種期間、注意事項など

    接種期間、注意事項など

  • 調布市健康推進課による子供の定期予防接種について

    調布市健康推進課による
    子供の定期予防接種について

定期予防接種

四種混合・三種混合・二種混合 無料
(年齢によっては有料)
麻しん風しん混合
日本脳炎
BCG
ヒブワクチン
肺炎球菌ワクチン
子宮頸がんワクチン
不活性化ポリオワクチン
水疱(みずぼうそう)ワクチン

麻しん風しん混合予防接種

麻しん風しん予防接種は、第1期(1歳~2歳になる前々日まで)と第2期(小学校入学前の1年間)の2回接種となっています。なお、第3期(中学1年生の1年間と第4期(高校3年生の1年間)の予防接種は終了しています。

※使用するワクチンは原則、麻しん風しん混合ワクチンですが、過去に麻しんまたは風しんにかかったことがある方や、自費(任意予防接種)で単抗原ワクチンを接種された方は、麻しん単抗原ワクチンあるいは風しん単抗原ワクチンでも無料(公費負担)で接種できます。

19歳以上の女性で、妊娠を予定または希望する市民を対象に検査結果で風しん抗体価が低下している方は予防接種をします。
【費用】
麻しん風しん混合ワクチン 4,000円
風しん単独ワクチン 3,000円

日本脳炎予防接種

平成17年5月30日から平成22年3月31日にかけて積極的勧奨の差し控えにより、日本脳炎の定期予防接種を受ける機会を逃した特例対象者に、平成7年4月2日~5月31日までの間に生まれた者が追加され、平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は20歳未満まで定期予防接種の対象になり、合計4回を公費負担で実施します。

個別通知は次の通りです。

  • 第1期初回2回・・・3歳に達する月の中旬
  • 第1期追加・・・・4歳に達する月末

日本脳炎の特例対象措置

  • 平成7年4月2日~平成19年4月1日に生まれた方
    20歳未満までの間に、合計4回の接種のうち不足回数分が無料(公費負担)
  • 平成19年4月2日~平成21年10月1日に生まれた方
    9~13歳未満の間に、第1期3回のうち不足回数分と第2期1回が無料(公費負担)

BCG予防接種

BCGはウシ型結核菌を弱毒化してつくった生菌ワクチンです。BCGの接種方法は、管針法といってスタンプ方式で上腕外側の2カ所に押しつけて接種します。それ以外の場所に接種するとケロイドなどの副反応が出ることがありますので、絶対に避けなければなりません。

接種したところは、10分程で乾きます。接種当日の入浴は差し支えありませんが、接種したところをこすったり、ひっかいたりしないでください。

平成25年4月1日から対象者が生後6カ月未満から1歳未満に拡大になります。標準的な接種期間は生後5か月から生後8か月に達するまでの期間です。平成25年4月以降、1歳になるまでの間にある者に対して、公費での接種が可能です。

ヒブワクチン(乾燥ヘモフィルスb型ワクチン)

小児における髄膜炎、肺炎、喉頭蓋炎、肺血症などの全身感染症を予防するワクチンです。生後2カ月より接種できます。

※年齢による助成対象有
生後2ヵ月~5歳未満:最大4回接種(年齢によって違います)
5歳以上:1回皮下接種で費用は7,000円です(要予約)

肺炎球菌ワクチン

小児の肺炎球菌感染を予防する日本ではじめてのワクチンです。肺炎球菌による細菌性髄誤炎、菌血定などの重い惑染を予防します。生後2ヵ月から9才以下まで接種でき、すでに世界の約100ヵ国で接種されています。2000年から定期接種しているアメリカでは、ワクチンで予防できる肺炎球薗による重い惑染症が98%減りました。

※年齢による助成対象有
生後2ヵ月~5歳未満:最大4回接種(年齢によって違います)
5歳以上:1回皮下接種で費用は10,000円です(要予約)

※高齢者肺炎球菌予防接種
65歳以上:5,000円

年齢が65、70、75、80、85、90、95、100と5歳毎に市から予診票が送られてきますのでご持参ください。65歳以上の任意で予防接種をご希望される方は、市に申し込んで予診票をもってご来院下さい。

お申込み先は、〒182-0026 調布市小島町2-33-1 文化会館たづくり西館 健康推進課「肺炎球菌予防接種」係まで。はがきに住所・氏名・生年月日、年齢、性別、電話番号を明記してください。

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんは、20~30才代の女性に急増している病気で、原因は発がん性ヒトパピローマウィルス(HPV)による感染です。当院では、このHPVの感染を予防するワクチンを接種できます。10才以上の女性が対象で通常0、1、6ヶ月後に3回接種します。

※年齢による助成対象有
小学6年生~高校1年生女子:3回接種
高校2年生以上:1回筋肉内接種で費用は18,000円です(要予約)

※現在、子宮頸がんワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種している場合は、有効性とリスクを理解したうえで受けるようにしてください。

不活化ポリオワクチン

日本ではポリオを予防するために生ワクチンを使用していましたが、平成24年9月1日より不活化ワクチンになります。公費対象年齢は3ヶ月から7歳半までです。

不活化ポリオワクチンは、初回接種として20日以上の間隔をおいて3回、追加接種として初回接種終了最低6カ月以上の間隔をおいて1回、合計4回の接種が必要です。

  • ポリオワクチンをまだ1回も受けていない方 → 不活化ワクチンを合計4回
  • 不活化ポリオワクチンを1回受けた方 → 不活化ワクチンをあと3回
  • 不活化ポリオワクチンを1~3回受けた方 → 合計4回になるように受ける
  • 生ポリオワクチンを2回受けた → 不活化ワクチンは必要ありません

不活化ポリオワクチンは、当院で接種しておりますので、ご予約ください。

水疱(みずぼうそう)ワクチン

水痘(みずぼうそう)ワクチンは定期接種となっております。
接種当日に1歳~3歳未満のとなる方は無料となります。接種回数は2回です。

ご希望の方は当院へご連絡いただき、必ず母子手帳を持参してご来院ください。

調布市予防接種

 
種 類 回数 対象者 標準的な接種期間
(望ましい接種期間)
B C G(結核) 1 1歳未満 生後5か月~8か月未満
四種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活性化ポリオ)
第1期初回 3 生後3か月~7歳6か月未満 生後3か月~12か月未満
第1期追加 1 第1期初回接種終了後12か月~18か月未満
三種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風)
第1期初回 3 生後3か月~7歳6か月未満 生後3か月~12か月未満
第1期追加 1 第1期初回接種終了後12か月~18か月未満
二種混合(ジフテリア・破傷風) 第2期 1 11歳~13歳未満 11歳
不活性化ポリオ 第1期初回 3 生後3か月~7歳6か月未満 生後3か月~12か月未満
第1期追加 1 第1期初回接種終了後12か月~18か月未満
麻しん(はしか)風しん 第1期 1 1歳~2歳未満 (1歳になったらなるべく早く)
第2期 1 小学校入学前の1年間 (4月から6月の間)
日本脳炎(※1) 第1期初回 2 生後6か月~7歳6か月未満 3歳
第1期追加 1 4歳(第1期初回接種終了後おおむね1年後)
第2期 1 9歳~13歳未満 9歳(第1期初回接種終了後おおむね5年後)
ヒブ 初回 3 生後2か月~5歳未満 生後2か月~12か月未満
追加 1 初回接種終了後7か月~13か月未満
小児用肺炎球菌 初回 3 生後2か月~5歳未満 生後2か月~12か月未満
追加 1 生後12か月~15か月未満
水疱(みずぼうそう) 初回 1 1歳~3歳未満 1歳~1歳3か月未満
追加 1 初回接種終了後6か月~1年未満
子宮頸がん(※2) 3 小学6年生(12歳相当)~
高校1年生(16歳相当)の女子
中学1年生(13歳相当)
B型肝炎ワクチン
※2016年4月1日以降生まれた者に限ります
3 1歳に至るまで 生後2ヵ月、3か月、7カ月~8カ月の間に接種
2回目接種は1回目接種より28日目以降
3回目接種は1回目接種より140日目以降
となります。

※1)日本脳炎は、予防接種法施行令の改正により、平成7年4月2日~平成19年4月1日に生まれた方は、20歳未満の間、第1期3回と第2期1回の合計4回の接種を無料(公費負担)で受けることができます。

※2)現在、子宮頸がんワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種している場合は、有効性とリスクを理解したうえで受けるようにしてください。

任意予防接種

B型肝炎ワクチン 6,000円
※2016年4月1日以降生まれは公費となります。
ロタウイルスワクチン ロタリックス費用 14,000円
ロタテック費用 9,500円
おたふくかぜワクチン 5,300 円
※但し、平成29年4月1日以降生まれの方が1歳以上2歳未満は3,000円
インフルエンザワクチン6か月以上13才未満は2~4週間の間隔をおいて2回接種
13才以上は1回または1~4週間の間隔をおいて2回接種
一般料金
3才以上   1回3,900円
0才~2才まで 1回2,900円
※一般社団法人 東京都総合組合保険施設振興協会に加入されている方は1回3,890円となります。
調布市高齢者委託料金 65歳以上 1回2,500円
肝炎ウイルスワクチン お電話にてお問い合わせください。

B型肝炎ワクチン

生後2か月から4週間隔で2回接種します。更に20~24週間後に1回追加接種します。費用は6,000円です。


【重要】B型肝炎ワクチンが定期接種化について
B型肝炎ワクチンの定期接種につきまして平成28年10月1日より、平成28年4月1日以降に生まれた乳児を対象としてB型肝炎ウイルスを27日以上の間隔で2回、更に初回接種から140日以上を経過した後に1回接種することになりました。
合計3回接種です。生後1歳になるまでとなります。
したがって、4月、5月、6月、7月生まれの方は10月1日以降にお早めに接種することをお勧めします。
10月に入りますと大変に混みあうことが予想されますので予約も併せてお勧めします。

btype_w

☆B型肝炎法定外予防接種☆

  • 対象者
    平成28年4月1日から9月30日までに生まれた方でB型肝炎予防接種の3回の接種が1歳未満までに終わらなかった方
    ※母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンを受けた方および定期予防接種対象者は除く
  • 接種期間
    平成29年4月1日(土曜日)から9月30日(土曜日)まで
  • 接種回数
    全3回の接種のうち不足回数分の接種く
  • 接種間隔
    27日以上の間隔で2回、その後1回目の接種から139日以上の間隔をあけて1回
    ※接種する間隔が決められていますのご注意ください。
  • 接種費用
    無料(全額公費負担)
  • 事前手続
    不要です。直接、当クリニックにお申し込みください。
  • その他
    法定外予防接種は任意予防接種です。 任意予防接種によって健康被害を受けた場合には、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法による「医薬品副作用被害救済制度」に基づく救済の対象となります。

ロタウイルスワクチン

ロタリックスとロタテックがあります。
ロタリックスは生後6週間以上1回、4週以上の間隔で2回目を遅くとも生後24週まで完了します。2回接種です。
ロタテックは生後6週間以上1回、4週以上の間隔をおいて32週までに3回経口接種です。両方どちらかを接種します。ロタリックス費用は14,000円、ロタテック費用は9,500円です。
✩生後2か月からヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、ロタウイルスワクチンの同時接種を推奨します。

おたふくかぜワクチン

おたふくかぜの主症状は耳下腺腫脹です。大方は両側とも腫れますが、片方だけのこともあります。合併症として髄膜炎がしばしば起こりますので、ワクチンを接種することをお勧めします。2歳以上から接種できます。1回皮下注射で費用は5,300円です。

平成29年4月1日以降生まれの方が1歳以上2歳未満のお子様は平成30年10月1日より調布市から補助金が出ることにより自己負担額が3,000円となります。母子手帳、健康保険証をお持ちください。当院で予約を受け付けております。

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスの感染で、高熱、鼻汁、せき、全身倦怠感などの症状が出ます。毎年ウイルスの型が少しずつ変異して、大流行を引き起こしています。対象年令は生後6か月から接種でき、時期としては10月より接種できます。

☆2018年~2019年インフルエンザHAワクチン新情報☆
今シーズンのインフルエンザHAワクチンは、A型・B型の混合ワクチンです。このワクチンは、今シーズンに流行されるインフルエンザウイルスに合わせて製造されています。A型とB型がありますがそれぞれ細かく4種類のタイプに分かれています。2016年以前は3種類でしたがインフルエンザウイルスによる重症化やB型の流行を防ぐことが可能になりました。

●平成30年度インフルエンザHAワクチン製造株
【A型株】
A/シンガポール/GP1908/2015(IVR-180)(HINI)pdm09
A/シンガポール/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)
【B型株】
B/プーケット/3073/2013(山形系統)
B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)

年齢 接種回数 接種間隔 金額(1回)
6ヵ月以上3才未満 2回 2~4週間 2,900円
3才以上13才未満 3,900円
13才以上 1回又は2回 1~4週間 3,900円

東京都総合組合保健施設振興協会は契約接種料金1回3,890円となります。

ページトップ