小児科について

小児科について

お子様の病気の診療、各種予防接種(インフルエンザ、麻疹・風疹混合ワクチン、三種混合ワクチン(百日咳・破傷風・ジフテリア)、日本脳炎、BCG(ツベルクリン反応を含む)おたふくかぜ、水ぼうそう)や健康診断はもちろんのこと、生活指導やメンタルケアを重視した診療を行います。

お子様は常に成長・発達していますので、成長・発達を考えながら病気や健康問題を解決していきたいと思います。

またお子様の病気による家族の方々の不安に対して、親切で丁寧な説明を行っています。

小児科に関する症状

※風疹の疑いがあります

症状/38℃くらいの発熱、小さな赤い発疹が、顔、身体、手足に出て、3日ほどでおさまる、耳のうしろのリンパ節が腫れて痛む、他に目の充血、のどの腫れと痛みなどが出る

※プール熱の疑いがあります

症状/急な発熱(38~40℃)とともに目の充血、涙、目やにが出る、のどの腫れや痛み、リンパ節の腫れや、関節の痛み、腹痛、下痢がみられることもある

※溶連菌感染症の疑いがあります

症状/発熱(38~39℃)、のどの痛み、赤い小さな発疹が全身に出る、舌に赤いブツブツが出ていちごのようになる、唇が荒れる、他におう吐、腹痛、筋肉痛、関節痛、首のリンパ節が腫れて痛む

※はしかの疑いがあります

症状/高熱(38~39℃)、せき、くしゃみ、鼻水、目やになどが3~4日続く、熱がいったん下がり、口の中の粘膜に白い斑点が出たあと、再度発熱し、暗赤色の発疹が出る、発疹は、耳のうしろ、顔、首、身体、手足へと広がる

※手足口病の疑いがあります

症状/発熱(38~40℃)※発熱しない場合もあり。手のひら、足の裏、手足の指のあいだ、口の中などの、柔らかい皮膚に発疹や水ふくれができる

※インフルエンザの疑いがあります

症状/突然の発熱で典型的な場合は39℃以上になります。高熱につづき、鼻汁や咽頭痛、咳や痰などの「上気道炎症状」と、全身倦怠感、頭痛、関節痛、筋肉痛、下痢、食欲不振などの「全身症状」が現れます。A型、B型、新型などのインフルエンザがあります。

耳の下の腫れ

※おたふくかぜの疑いがあります

症状/片方の耳下腺(耳の下)が腫れ、数日後にもう一方の耳下腺も腫れて痛む、発熱・頭痛、食欲の低下

耳の痛み

※急性中耳炎の疑いがあります

症状/耳の痛み、難聴、耳鳴り、耳だれ、テレビの音を必要以上に大きくする、落ち着きがない

激しい咳

※百日咳の疑いがあります

症状/初期症状はくしゃみ、鼻水など。しだいにせきが激しくなり、顔がむくむ、目が赤くなる、連続してせき込んで、ヒューツと音をたてて息を吸い込む、せきによるおう吐、赤ちゃんの場合はせき込んで、呼吸を止めてしまったり、痙攣を起こす

呼吸困難

※気管支喘息の疑いがあります

症状/胸や呼吸が苦しくなる(呼吸困難)、呼吸の際にゼーゼー、ヒューヒューとのどが鳴る気温変化などでせきが出る

嘔吐

※ロタウイルス腸炎の疑いがあります

症状/突然のおう吐、白く水っぽいすっぱい臭いがする下痢、38℃程度の熱

意識障害

※アナフィラキシーの疑いがあります

症状/薬の投与やハテに刺された直後に突然の意識障害やショツク状態になる

発疹

※水ぼうそうの疑いがあります

症状/最初身体の1ヶ所に赤い発疹が出て、その後全身に広がる、発疹は皮膚から盛り上がり、次に水庖、膿庖、乾燥してかさぶたになる、水庖の時期にかゆみと、発疹の最盛期に熱を伴うこともある

皮膚のかゆみ

※アトピー性皮膚炎の疑いがあります

症状/季節に関係なく、皮膚のかゆみと炎症、湿疹

ページトップ